就職や転職するときにあると便利なもの

就職や転職をするなら安定したところにつきたいと思う人もたくさんいます。今の世の中になっても就職が厳しかったり、転職も歳と共に受け入れてくれないのではないかという心配があります。しかしたった一つの方法でそれが覆すことが出来るものがあります。それは資格です。資格といっても漢字検定や英検という一般資格ではありません。公務員の資格、ネイリストの資格、イラストレーターの専門資格、建築工業の専門資格があれば資格取得者の人を優遇していくれます。
資格を取るためには大学選びも大事です。大学から資格に挑戦する人、専門学校に通って資格に挑戦する人もいます。資格のことを考えたり就職先を考えるなら就職率のいい大学に行くのもいいですが、なるべく自分の取りたい専門資格が取れる学校がいいです。専門資格につくためには高校から考えなければいけないときもあります。高校でも特別な高校にいってさらに専門学校に生かせるような勉強をしたりするのも大事です。高校の時点で早いという考えは違います。なるべく将来を早く決めることで自分の安定した道が開くことが出来ます。
皆が全て資格が取れるとは限りません。特に公務員や国や市の資格はとても難しく合格判定も大変です。自分には何が向いているのか見極めて勉強するのも大切です。
大人になってから専門資格を取れるところもあります。特にホームヘルパー、ネイリスト、自動車関連の資格は大人になってからでも取れます。大人になったからと言って資格が何も取れないのではないかという心配はありません。
資格が何もないのに仕事で面接で受けるのは少し難しいです。今は就職は面接のうちから競争の時代です。人より目立つには性格というものもありますが、性格に自信のない人は資格というものでアピール出来ます。資格はたくさんあるのもいいですが、一つの専門資格に決めた方が選定されるというケースもあります。資格と将来についてよく考えるべきです。

医師 転職 東京 神奈川 埼玉 千葉

就職活動を行って大変だった事は盛り沢山

【就職活動で大変だったこと】
私は大学時代リーマンショックの影響でとても厳しい状況で就職活動を行う事になりました。就職活動で得たものはとても多かったのですが、その分大変だった事も山ほどあります。今回は就職活動で大変だった事をご紹介します。

『1.夏と冬が辛い』
就職活動は春と秋は温度も安定していてストレスも少ないですが、夏と冬の就職活動は大変でしたね。
冬の場合はコートを着ていくので荷物が増えます。夏はとにかく汗がヒドい。男性の場合はネクタイも付けるしかないので、汗だくで説明会会場や面接会場まで行く事になります。
汗だくの状態で電車の中に乗るときは、周りに嫌な思いをさせてしまっているので申し訳ないです。

『2.大雨や雪の日が辛い』
大雨の日や雪の日に面接がある時は最悪でした。就職活動では他県まで行く事が増えます。私は茨城出身なのですが、よく千葉や東京まで行って就職活動を行っていました。茨城だったら晴れなのに、東京に行ったら雨が降っているという事もあって、その時は雨に濡れながら面接会場まで行って面接官の人に「何で傘持ってきてないの?」と怒られた事もありました。
雪の日も就職活動は大変です。電車は雪ですぐに遅延するので、大事な面接の日は予定よりもかなり早く家を出る事になります。

『3.お金が物凄くかかる』
就職活動を行っているとお金が物凄くかかります。
電車賃・バスなどの交通費は勿論のこと、食費もかかりますし、証明写真代やエントリーシートをコピーする為に使うカラーインク代など、1カ月で数万円が余裕で無くなります。
大学生はそこまでお金が無いので、親にお金を借りる事も良くありました。

【まとめ】
このように就職活動を行って大変だった事は複数あります。
就職活動が早く終わるかどうかは、その人の力量もありますし、景気が良いかなどの運も絡むので色々と複雑です。
就職活動は疲労も溜まりますし出費も多いので、出来ればすぐに内定を貰って安心したいものです。

医師 転職