音がネックで結局、自剃りに至る(>_<)

今のところ、ムダ毛処理に関しては(何かもっと良い方法は無いかな)とむしろ知りたい側な私だったりするんです。毛質が薄い人が本当に羨ましいな~と思うのは、自己処理しても、数日経つとルーティーンのように、すくすくと育ってくるムダ毛が、まるで「おはよ~」とばかりに顔を出して来た時です。すっごく濃いというわけではないんですけど、理想的に薄いわけでもないので、やっぱり生えてきたら剃らずにはいられないのが現状で、剃ってます。

お風呂に入った時に今日は脇、次は足、次はデリケートな部分、のように気付けば本当にルーティーンとなっちゃってます。私は腕の毛ってあんまり目立たないので、他の所もそうだったら良いのにな~と、たまに思ってもしまいます。お風呂での毛処理は、面倒ではあるので、本当は部屋の中でだったり気軽にテレビ見ながらやったりしたくって、電動脱毛機器・電動シェーバータイプ・ノーノーほにゃららと、過去に三種類程使ってみた事があります。

ですが、電動脱毛機器は音がどうしても気になって、その時の静かなタイプを買ってはいたのですが、一人で暮らしているわけではないので、音を意識してあんまり長時間は使いたくなくて、でもって早く済まそうとスピーディにやってみれば(痛っ)と、なってしまうので剃った方が良いか、と結果的にシェーバー式に切り替えたんです。

だけども、替えても音に大差は無かったですし、痛さは全く感じずとも剃り切れない部分というのがあったりもして黒い点点のように目立つ仕上がりにしかならなかったので、次は赤外線式のへ、とまた替えたのです。言ってしまえば、これも長続きせずです。いちいち焦げ臭さが出るのが、私には耐えられず…結局、初心に戻る事とし、今に至るお風呂での自己処理方法です。

手間は一番掛かるけれど、仕上がりや肌へのストレスに関しては、圧倒的にコレかなと思うので、こまめに自分の手でやっているという感じです。エステでの脱毛は、今の所行く予定はないので、何かもっと本当に楽な上に綺麗に仕上がるお家ケア方法があればな~と願いはしつつも、それまでは自分の手でやるしかないなと思っています。

まるで、常にダイエットを心がける気持ちと一緒な位、結局は自分の頑張りだな、楽して美味しいパターンってあんまり無いな、と今の所の頼みの綱は自分の手です。

全身脱毛が早く終わるクリニックはこちら

美肌のために出来る簡単な手入れる方法

肌のためにしていることは、まず食事です。旬の野菜を食べ、ほぼ毎日納豆を食べています。

納豆のおかげか便通はよいです。

炭水化物もきちんと食べますが少し控えめです。

青背の魚をよく食べています。お肉も食べますが、二日連続で食べることはしないようにしています。

肌老化に、一番良くないのは紫外線と聞くので、外に出ない日でも、年中日焼け止め下地(ただし日常はSPF28程度)、パウダーファンデーションはかかせません。

窓ガラスはUVカットガラスで、カーテンもUVカットです。

特に5月頃からは外出の時に、帽子や日傘はかかせません。

睡眠時間は、7時間はとるように、忙しくても12時までには寝ることを心がけます。

12時を過ぎてから寝ていると私はニキビが出来てしまうのです。

休みの日でも起きる時間は同じになるようにします。

軽いストレッチは毎日します。ボルダリングを週1回ほどやります。

ヨガも3日に一回はやるようにしています。

アトピーがあるので、良い乳酸菌をとるため、ラクトフェリンのサプリをとるようにしています。

化粧品はビタミンC誘導体(APPS、APS)が入っているものを使います。

ビタミンC誘導体は種類が多いですが、APPSとAPSは効くようです。あくまでシミ、シワの予防です。

保湿には必ずセラミドが配合されてるものを使います。原価が高いようなので、値段は3千円以上はするものを選びます。

また、クレンジングが大切と聞きますので、皮膚科医の先生に聞いたり本で研究し、クリームタイプが、一番負担が少なく

落ちも良いらしいので、クリームタイプを使います。

オリゴロジック 店舗

ニードル脱毛の効果的な利用方法とは

脱毛をしたいけれど、毛周期に合わせて通うと時間がかかるのが悩みという人もいるかもしれません。また、処理したのにすぐ生えて来てしまったという人もいるでしょう。そのような人にお勧めなのが、ニードル脱毛です。ニードル脱毛とは、絶縁針を使って行う脱毛のことで、レーザーが普及する前はこの方法が一般的でした。

この方法での脱毛は、毛周期に合わせる必要はありません。脱毛したくなった時に行って、処理してもらうことができます。また現在の脱毛方法の中では、一番効果が感じられる方法なので、永久脱毛も夢ではありません。無論その反面、デメリットもあります。まずかなり痛みがあることです。そのため麻酔が料金にセットされているのが一般的です。それから、料金そのものが高いことです。料金設定は時間、あるいは処理する面積などが基準になっていますが、たとえばこの方法で何十本も処理してもらおうとすると、かなり料金が高くなります。

ですから、まず広い範囲の脱毛はエステまたはクリニックを利用し、その後何本か生えて来てしまったとか、2本から3本ほど濃くて目立つ体毛があり、抜いてしまいたいという時に、ニードル脱毛を利用するといいでしょう。今はエステやクリニックが一般的なので、ひところほどニードル脱毛については聞かなくなりましたが、今でもクリニックなどでやっている所がありますので、まず自分が行こうとしているクリニックで、ニードルをやっているかどうか、確認しておくようにしましょう。

短期間で脱毛するにはクリニックの脱毛がおすすめ

まつげのオシャレでこれだけは必要だと思うもの

まつ毛を長く見せたいならビューラーとマスカラは必要です。
最低でもマスカラとビューラーだけは用意しないと寂しいまつげになってしまいます。
私はマスカラは3種類常に用意していて、その時なりたい目元に合わせてマスカラを使い分けています。

マスカラの使い分けをしている女性はまだ少なそうなのでおすすめですよ。
マスカラは開封してしまうと時間と共に乾燥が進むため、ひとつ開けたらそれを使い切るまで他のマスカラは開けない人がいますが、それだといつも同じまつげになってしまっておもしろくないでしょう。

思いっきりオシャレをするときにはまつげを伸ばしたいしボリュームも出したいですよね・・・。
カジュアルなファッションやノーメイクのようなメイクをするときはそれに合わせた目元を作りたいはずです。
マスカラひとつでなりたい目元になれるのでマスカラの使い分けはおしゃれな女性ほど試してもらいたいですね。

ビューラーは必ず使うものなのでなくしてしまった時用のビューラーを用意しておきます。
予備のビューラーがあるだけで安心しますよ。ビューラーがないと私のまつげは下がってしまっていくらマスカラをつけてもどうにもなりません。
下を向いているまつげにマスカラをつけてもパッチリ目にはなりませんからね。

必ずビューラーでまつげをクルッときれいにカールさせて、それからその日なりたい目に近づくためのマスカラを選ぶのです。
上手くいけば印象を簡単に変えられます。

まつ毛が生える♡美容液