光脱毛器を使用するときには冷却をよくしよう

家庭用光脱毛器はカミソリや毛抜きでのムダ毛処理と比べると肌への負担が少なく、何度か使用をしているとムダ毛が目立ちにくくなります。しかし、使い方に気をつけないと肌トラブルを起こしてしまいます。

気をつけて欲しいことは冷却をすることです。

光脱毛器は光の熱エネルギーを利用した脱毛方法です。メラニンに反応する波長の光を照射すると、毛が光の熱エネルギーを吸収します。熱のダメージで毛のタンパク質が変性をして、自然と抜け落ちるようになります。

脱毛をするときには熱が発生をして肌の負担になります。熱を冷まさなければやけどをしてしまう心配があるのです。そのため、脱毛前と後には冷却をする必要があります。また、冷却をしておくと脱毛時の痛みを軽減することもできます。

光脱毛器に保冷剤がついてくることがありますが、小さいので腕や脚など広範囲を冷やすのには不便です。大きめの保冷剤なら広範囲を冷やしやすいので、大きい保冷剤を用意しておくとよいでしょう。また、大きい保冷剤ならすぐに温まってしまうということがないので、脱毛に長時間かかった場合でも、冷たい状態で使用することができます。保冷剤を肌に直接当てると冷たすぎるので、タオルで巻いて使用してください。

脱毛前には脱毛部位を冷やします。光を当てて脱毛をしてからも、よく冷やしておきましょう。脱毛前、脱毛後の2回冷やすことは面倒に感じるかもしれませんが、この手間をかけることで肌トラブルを防ぐことができます。

キレイモへ乗り換えるのってお得?ミュゼと比べてみました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です